医療法人社団 育生会

理事長あいさつ

  • 理事長久野 成人
  • 医療法人社団育生会は、昭和49年に久野敏人会長が内科・外科・整形外科を主体とした、久野病院(救急指定病院)を母体として設立されました。
    昭和53年には慢性期医療を主体とした第二久野病院(介護療養型病床)を開設、平成9年には訪問看護ステーション「ふかくさ」や介護支援センターを開設、平成21年にはグループホーム・介護サービスセンター「ふかくさ」を開設し現在に至っています。
    私たちは心のかよった医療と介護を提供し、患者様に喜んでいただけるよう、これからも一次及び二次救急医療、早期の社会復帰を目指したリハビリテーション機能、重度要介護者への対応、在宅復帰支援等に対しいっそうの充実を図り、地域の医療・介護ニーズに対応すべく努めてまいります。
理事長久野 成人(久野病院 院長)

育生会の沿革

昭和27年 伏見区深草願成町に久野医院開設。
昭和28年 現在地(東山区本町)に久野医院を移転開設。
昭和33年 有床診療所を開設。(19床)
昭和40年 久野病院を開設。(40床)
昭和45年 久野病院、増改築竣工。救急指定。(102床)
昭和49年 医療法人社団 育生会を設立。
昭和53年 第二久野病院開設。(178床)
昭和61年 第二久野病院増改築竣工。(287床)
昭和63年 久野病院増改築竣工。(213床)
平成9年 訪問看護ステーションふかくさ開設。久野病院一般病床140床、療養型病床59床の199床に移行。京都市在宅介護支援センター・第二久野病院開設。
平成10年 第二久野病院、療養型病床194床、一般病床60床の254床に移行。
平成12年 久野病院、療養型病床の59床を介護療養型病床に変更。第二久野病院、介護療養型病床98床、医療療養型病床60床、一般病床60床の218床に移行。
平成16年 久野病院新棟増築。第二久野病院改築、一般病床60床を医療療養型病床に変更。
平成17年 久野病院、介護療養型病床59床を医療療養型病床に変更。第二久野病院、全床介護療養型病床の217床に移行。
平成18年 久野病院、一般病床98床、障害者病床42床、医療療養型病床59床に変更。久野病院、(財)日本医療機能評価機構によりVer4.0の認定を受ける。
平成19年 第二久野病院、新院長に白山和行医師が就任。久野病院、一般病床38床、障害者病床102床、医療療養型病床59床に変更。
平成21年 久野病院、42床を回復リハビリテーション病床に変更。介護サービスセンターふかくさ・グループホームふかくさ開設。
平成21年2月 介護サービスセンターふかくさ・グループホームふかくさ開設。
平成23年10月 (公財)日本医療機能評価機構によりVer6.0の更新認定を受ける。
平成25年10月 グループホームの移転・増築。
平成26年3月 デイサービスセンターふかくさ開設。
平成27年6月 久野病院、久野敏人院長が会長へ、久野成人理事長が院長に就任。
平成28年7月 (公財)日本医療機能評価機構により一般病院1 3rdG:Ver1.1の更新認定を受ける。
平成29年4月 久野病院から京都久野病院に改名。京都久野病院新病院棟第一期竣工。一般病床111床、医療療養型病床44床、回復期リハビリテーション病床44床の199床に移行。

基本理念

理念
「和」を原点として、心のかよう高度な医療と介護を誇りと真心で実践し、地域から信頼される病院であること。
基本方針

・高度医療の充実

・安全な医療の確立

・救急医療の対応

・地域包括ケアへの対応

・高齢化社会への対応

・納得診療の実践

・環境に配慮した医療と介護の提供

患者様の権利
医療法人社団 育生会は、患者様の権利を尊重し、適切で安全な医療と介護の提供に努めてまいります。

患者様の人格を尊重します。
患者様が自らの意思で検査や治療方針を決定する権利を尊重します。
患者様が適切な情報を知り得る権利を尊重します。
患者様が適切に医療や介護を平等に受ける権利を尊重します。
患者様が治療方法やセカンドオピニオンを選択する権利を尊重します
患者様のプライバシーが守られる権利を尊重します。

育生会の地域における役割と機能

人口約146万人を抱える京都市の中で、東山区の人口は約4万人。そのうち高齢者人口(65歳以上)は1万2千人で、東山区全人口に占める比率は29.9%と3人に1人が高齢者の状態で、京都市平均22.8%を大きく上回る地域となり、比率は年々増加いています。

このような地域の状況を踏まえ、当院では地域完結の医療と介護を行なうため、医療と介護を提供し、育生会関連施設で地域のニーズに応えていくと共に、ますます高齢化がすすむ中、地域になくてはならない存在となるよう下記の項目を整備していきます。

・地域の中核病院として二次救急医療を担う
近隣の京都第一赤十字病院・京都医療センターの三次救急優先の受入れ体制に対応。
また、地域の診療所・クリニックと連携して手術や入院治療を必要とする重症患者を受入れ、二次救急病院として地域の中核病院としての役割を担っていく。

・早期回復を目指したリハビリテーション機能の充実
急性期での治療後、「回復期」でリハビリテーションを主体とした病棟で日常生活向上や寝たきり防止と家庭復帰をめざす、回復期リハビリテーション病棟の運営。

・重度要介護者への対応
地域の高齢化がすすみ早期より第二久野病院にて療養病床を取り入れてきた。現在、久野病院では医療療養病床、第二久野病院では介護度の高い介護療養病床を設け地域のニーズに応えている。

・在宅復帰支援と介護施設などのサービス提供の充実
地域での医療と介護を完結させるために重要な、在宅医療・介護の資源として、訪問看護ステーションや居宅介護支援センターの設置。住み慣れた地域で安心して在宅介護が続けられるよう、小規模多機能型居宅介護施設と認知症の診断を受けている方が共同生活を送ることのできるグループホームの運営

平成21年12月1日

看護部

薬学生の皆さまへ

奨学金制度のご案内

▲ ページの先頭に戻る