回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟のご案内

回復期リハビリテーション病棟とは・・・・
脳血管疾患や整形外科疾患、肺炎治療中の安静によって体力が低下した方に対して、社会復帰・在宅復帰を目指し一定期間集中的にリハビリテーションを提供し、寝たきりの防止と日常生活の回復を図ることを目的とする病棟です。

チーム体制によるリハビリテーション
医師をはじめ理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師による積極的なリハビリを行い、MSW(医療相談員)を中心に入院中より退院後の生活に向けた調整を家族、CM(ケアマネージャー)と共同で行い退院後の生活をサポート致します。

回復期リハビリテーション病棟の対象となる疾患

疾     患 入棟可能な状態 入院期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、脳神経叢損傷等の発症、義肢装着訓練を要する状態又は手術後 発症または
手術後
2ヶ月以内
150日以内
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷の発症又は手術後 180日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折の発症、二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後 90日以内
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、手術後又は発症後
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後 発症または
手術後
1ヶ月以内
60日以内
股関節又は膝関節の置換術後 90日以内

(注)廃用症候群とは
病気やケガなどで、安静な状態が長時間続くと、筋肉の委縮や拘縮が進行し体力が低下します。
このような安静によって生じる進行性の症状を廃用症候群といいます。

連絡先 京都久野病医院 地域連携室
電 話 075-541-3136
FAX 075-561-8401
お気軽にお問い合わせください。

看護部

薬学生の皆さまへ

奨学金制度のご案内

地域リハビリテーションに係る相談窓口

▲ ページの先頭に戻る