検査の紹介

内視鏡検査

  • 胃内視鏡検査(上部消化管…食道・胃・十二指腸)
  • 大腸内視鏡検査(下部消化管…全大腸、直腸〜S状結腸)
消化器疾患は無症状のことも多く、早期に発見して治療するためには内視鏡による検査が必要です。
当院では、必要により拡大内視鏡を使っての詳しい検査や、ご希望により経鼻内視鏡(上部消化管)を使った苦痛の少ない検査、鎮静剤を点滴しての寝ている間に終わる検査をしています。

CT検査

最新型CT装置「80列CT」で
より安全な精密検査が受けられます

〜従来よりも息止め時間と被ばく線量が大幅に低減〜

こちらのCT検査では、受診者様が寝台に横になるだけで、苦痛なく頭部や胸部・腹部の断層像(輪切り)が鮮明に撮影できます。
また、従来の装置より広範囲の検査が行え、脳出血・脳梗塞・脳腫瘍・頭部外傷から胸部疾患および腹部臓器(肝・胆・膵・腎・膀胱・その他)疾患、整形分野にいたるまで、全身の診断が可能です。
特に、「被ばく低減技術」の採用で被ばく線量は最大約75%まで低減可能となり、受診者様にはリラックスした検査を受けていただけます。

全身用X線CT装置

MRI検査

患者様にやさしい
1.5テスラMRI装置を導入しました

〜静かで開放的な検査空間を持つMRI装置です〜

当院では1.5テスラ(15,000ガウス)の最新MRI装置を導入しました。
従来よりも短時間で、鮮明な画像を撮像できる高性能なMRI装置です。
また、検査時の騒音を抑え、検査空間も広いため、優しい検査を実現する装置です。
MRI装置は、磁石と電波により体の様々な部位を画像化します。放射線を一切使わないので、被曝することはありません。

全身用X線CT装置

エコー検査

レントゲン検査

看護部

薬学生の皆さまへ

奨学金制度のご案内

▲ ページの先頭に戻る