平成29年春、久野病院はリニューアルオープン!

病院長あいさつ

医療法人社団育生会は「和」を原点とし、職員が一丸となり誠心誠意職務を全うすることで、地域の医療と介護に貢献する事を理念としています。

当法人の位置する東山は高齢者人口の割合が高く、病院の役割も急性期医療だけでなく、リハビリテーションや中〜長期の慢性期医療、在宅復帰や維持の支援など幅広く求められるようになってまいりました。そのニーズに対応すべく当法人では久野病院、第2久野病院を増改築することといたしました。新病院は耐震性も優れ、病室も広く、リハビリテーション機能も充実いたします。2016年5月より着工し、1期工事は2017年春に、2期工事は2018年春に竣工を予定しています。

工事中は近隣の皆様や、患者様にも大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒深くご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

医療法人社団 育生会 久野病院
理事長・院長 久野成人

基礎工事完了! 工事は1階部分へ

今年の夏も京都はすこぶる暑かったですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
新築工事もこの暑さに負けないぐらい熱い展開になっております。
まず、この夏の間に基礎工事が完了しました!

基礎は建物そのものを支える大変重要な部分です。この基礎工事が不十分だと建物が傾いてきたり、耐震性が低くなったりしてしまいますが、基礎工事は施工業者さんだけでなく、建築設計事務所の方や、第三者検査機関の方々に厳しくチェックしてもらっているので安心です。

さらに、1階部分の工事にもとりかかり、床にコンクリートを流し、壁・柱の配筋を組んで、1階が見て取れるようになりました。

上物の工事が進んでいくと、新病院が建つんだな、と、実感がわいてきます。

待望の工事が始まり、順調に進んでいます

機材が搬入され、いよいよ工事が始まります。

杭打ち工事の様子です。杭を固い地盤まで打って建物を支えます。
建物は、地上5階、地下1階、延べ面積が約11,600uになります。

基礎工事の様子です。
鉄筋を組んで型枠を作り、コンクリートを流して、建物の土台を作ります。

5/14に無事地鎮祭が終了いたしました。

医療法人社団育生会 久野病院移転新築の地鎮祭が2016年5月14日に執り行われました。
この日は好天に恵まれ病院関係者、そして建築に携わる工事関係者の皆さんに参列いただきました。

藤森神社様を斎主として、玉串を捧げ工事の無事と安全を祈願しました。

来年春のオープンにむけていよいよ工事が本格的に始まります。

▲ ページの先頭に戻る