新型コロナウィルス感染症の対応について

2020年3月

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、院内での発生及び拡大防止のため、以下の対応策を取らせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

面会禁止のおしらせ

新型コロナウィルス感染症の流行にともない、面会を禁止させていただきます。

  • 不要不急のご面会や入棟はご遠慮ください。
  • 緊急の場合洗濯物等の受け渡し入退院の付き添い医師との面談に限り、お一人のみで最小限の時間でのご入棟といたします。
  • 発熱やせき、鼻水、咽頭痛などの症状がある方は入棟できません。
  • マスクを着用されていない場合は入棟をお断りすることがあります。また、入棟前に必ずアルコールで手指消毒をしてください。
ご不明な点や不安なことがありましたら、スタッフまでお問い合わせください。

外来受診について

下記の通り、京都市より通知がありました。
当院を受診される患者様におかれましては、下記の症状に該当される場合、予め帰国者・接触者相談センターに連絡いただきますよう、ご理解とご協力の程宜しくお願い致します。

帰国者・接触者相談センターにご相談いただく目安

以下のいずれかに該当する方は、帰国者・接触者相談センター※に直接ご相談ください。
  • 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方
    (解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
尚、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。
  • 高齢者
  • 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
  • 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
(妊婦の方へ)
妊婦の方については、念のため重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

(お子様をお持ちの方へ)
小児については、現時点では新型コロナウィルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配がある時には、通常と同様に、かかりつけ医等にご相談ください。
※京都市帰国者・接触者相談センター:新型コロナウィルス感染症専用相談窓口  

075-222-3421(24時間対応)

ご不明な点は、まず電話で病院までお尋ねください。

PAGE TOP