診療案内

専門外来のご案内

リウマチ外来

リウマチ・膠原病とはどのような病気でしょうか?
膠原病というのは、関節リウマチをはじめ全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎・皮膚筋炎、血管炎症候群などの病気を総称する呼び方です。この他にも、口に潰瘍ができるベーチェット病や、口や目が乾くシューグレン症候群など全部で20~30種類ほどあります。 膠原病は全身の病気ですから、微熱・倦怠感などの全身の症状が出現します。肺や心臓、腎臓などに病気が現れることがあります。膠原病の中では関節リウマチの患者様が最も多く、全国で80万人くらいおられます。
症状は?
膠原病共通の症状として、「関節が痛くなる」「皮膚に湿疹が出る」などがあります。これらの症状が出た時や、身体全体が「だるい」「微熱が続く」「寒い時や冷たい水に触れた時に指が真っ白に変化する(この症状をレーノー現象といいます)」場合は膠原病の診察を受けて下さい。
治療方法は?
まずはどの膠原病にあたるか正しい診断を受けることが大切です。関節リウマチであれば、抗リウマチ薬を中心に治療を始めます。抗リウマチ薬の中にはリウマトレックスという抗がん剤も含まれていますが、正しく使用すれば最も効果のある薬です。関節リウマチ以外の膠原病は、ステロイドを中心に治療します。この場合もステロイドの副作用を出さないよう細心の注意をはらって使用します。
リウマチ・膠原病と診断されたら?
膠原病は原因が判っていない慢性の病気です。長期にわたり薬を続けたり、通院して診察を受けていただく必要があります。薬で病気の進行を止め、症状を抑えることができれば普通に生活ができますから、悲観しすぎないようにご注意下さい。気になる症状が出た時には、ぜひご相談下さい。

梅原 久範 医師
市立長浜病院 リウマチセンター センター長

血液内科外来

血液内科で診療が可能な疾患は(1)白血病を始め、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの血液がん疾患と(2)再生不良性貧血や、免疫性血小板減少性紫斑病などの自己に対する抗体が産生される自己免疫性疾患、そして(3)鉄欠乏性貧血や悪性貧血というビタミンB12や葉酸の欠乏する栄養障害による造血障害、(4)腎障害伴う貧血や肝疾患による血小板減少などに大別されます。(1)に属する骨髄異形成症候群(昔はくすぶり型白血病と呼ばれていました)や骨髄不全症候群(MDS)などは、高齢者に多い疾患ですが、近年増加の傾向にあります。 一般的な経過としては、特定の症状が出てから気づくと言うよりは、血液成分の白血球、赤血球、血小板が減少することによって、それぞれ、発熱を主訴とする感染徴候ならびに頸部や腋窩のリンパ節腫脹、動悸や息切れの原因である貧血、点状出血や紫斑などの出血傾向を認めた時に、来院していただきます。その後、採血による血液検査を実施して、3種類の血球の異常値が判明すると、さらに詳しい骨髄検査などが必要となることがほとんどです。
従って、血液疾患については、ハッキリした症状がなくとも、健康診断などで血液の数(白血球、赤血球、血小板)の異常を指摘された場合には、是非、受診して精査される事が、将来の重篤な疾患予備軍かどうかを判断するために大事なことです。急性白血病のような強力な化学療法を必要とする疾患は、京大病院や日赤病院に紹介して治療を御願いしますが、比較的慢性的なMDS,悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、慢性白血病さらには貧血や血小板減少症などは、当院で治療可能ですので、概ねは外来での治療を実施させていただいております。

岡崎 俊朗
金沢医科大学血液免疫内科教授

神経内科外来

神経内科は、頭痛などの痛み、けいれん、めまい、失神、歩行障害、筋力低下、震え、及びしびれ麻痺などの多くの身体症候から、原因となる病気を診断し、内科的に治療する科です。
代表的な病気は、脳卒中、パーキンソン病です。これ以外の神経内科的病気はもとより、多くの内科的、外科的、精神科的な病気が合併して、多種多様な身体症候が認められます。特徴的な身体症候を合併する事もある認知症も受診者の多い病気です。また薬剤の副作用、感染症、生活習慣、加齢、および遺伝などにより生ずる身体症候は、神経内科でなければ診断が難しい場合が多くあります。
ちょっと気になる、心配な上記の様な身体症候があれば、お気軽に当科にご相談ください。

土井 建朗 医師
日本内科学会認定内科医
日本神経学会認定神経内科専門医
日本老年病学会認定老年病専門医

直腸・肛門外来

痔は、人類が直立歩行を始めた為の宿命ともいえる病気です。日本人の3割以上の人がこの病気で悩んでいるそうです。しかし、恥ずかしいとか、手術が痛い・怖いとためらい、自己流での市販薬治療で悪化させてしまう場合が多いようです。 本当に痔は痛いのでしょうか?絶対に手術が必要なのでしょうか?痔も他の病気と同様に早期治療が大切です。早期の痔疾患の場合、外来での比較的簡単な治療で良くなる場合も多くあります。
  • 当院では、毎週火曜日・金曜日 朝9時~12時に専門外来を行っています。
  • 最も多い内・外痔核に対しては、軽い内痔核に対しては薬剤の注射による硬化療法やゴム輪による結紮術を、また外痔核の血栓形成に対しては血栓除去術または血栓摘出術を行います。脱肛等のゴリガー分類の3・4度で手術を要する場合は、半閉鎖術式を基本術式としています。
  • 裂肛は、便習慣の改善と薬剤療法による保存的治療を基本としていますが、難治性や肛門狭窄のある症例に対しては、手術による皮膚弁移動術(SSG)を行っております。
  • 痔瘻は、排膿がある場合は原則として手術が必要です。できるだけ外来での治療を望まれる場合は、シートン法(当院ではアラビヤゴムを用いています)により行います。
  • 便に血が混じるなどの出血に対しては、大腸癌やその他の重大な疾患を見逃さないように、積極的に大腸ファイバー・直腸鏡・エコー・CT・MRIなどの検査を行います。 お尻でお悩みがあれば、ぜひご相談下さい。
ALTA注射療法(ジオン注射療法)について

網 政明 医師
日本外科学会認定医

糖尿病外来

糖尿病は、よくある病気で、たいした症状(のどがかわく、尿量が多い、疲れやすい、食べても体重が減るなど)もないため、甘く見られがちですが、放置すると、将来、治ることのない重篤な合併症で苦しむことになってしまいます。合併症には、網膜症(目)・腎症・神経障害や動脈硬化(脳梗塞、心筋梗塞)などがあり、進行すれば、失明し、透析が必要となり、手足の麻痺を残すことになってしまいます。 このような不幸を避けるためには、合併症の現状を把握し、これ以上悪化しないように血糖値を低下させることが必要です。健康診断などで血糖値が高いことを指摘されたり、気になる症状を感じたときにはご相談下さい。

新谷 茂樹 医師
日本内科学会認定総合内科専門医
日本糖尿病学会認定糖尿病専門医

スポーツ外来

スポーツ医学は日々進歩しています。しかしスポーツ外傷は減っていません。理由としては痛めた患部以外の治療や予防が現在の保険制度では認められていないため、痛めた患部の治療だけを行い、予防治療を行う病院が数少ないというのが現状だからです。私どもの施設では、治療と同時に、他部位のコンディショニングによる再発の予防をすることによって、スポーツ選手のより長いスポーツライフをサポートします。スポーツ整形外科医・理学療法士が協力し、老若男女すべてのアスリートを守るという使命感を持ち、より良い医療を提供しスポーツ界と地域社会の発展と向上に役立ちたいと考えております。 ケガをした時は、安静が第一です。しかしスポーツ選手の過度な安静による “筋力の低下”や“練習の遅れ”などの弊害を最小限にするべく早期の精密検査(MRI、CT、超音波)により正確に診断し、できるだけ具体的にスポーツ復帰の見通しを説明することを心がけています。

下図 解剖学的二重束前十字靭帯再建術を併用した高位脛骨骨きり術(O脚をX脚に矯正)

梶川 佳照 医師
整形外科専門医
認定スポーツ医
龍谷大学アメリカンフットボール部チームドクター

PAGE TOP